SAMURAI写真展 2018セミナー


吉田繁先生によるWacomペンタブを使った
簡単補正セミナーを開催

held on March 4th, 2018 / 2018年3月4日 開催

2018年2月27~3月4日、横浜・みなとならい駅にある「サブウェイギャラリーM」で開催されたSAMURAI FOTO写真展4th “Making a beautiful bridge”において、写真家・吉田繁氏によるセミナー 『これは簡単。簡単補正で写真が見違える~Photoshopによる補正術』を開催しました。
※セミナースケジュールについては こちらをご覧ください。
※写真展についてはこちらをご覧ください
協力: 株式会社 ワコム

補正の速さはwacomのペンタブがあってこそ


デジタルカメラの導入と共にPhotoshopでの補正を開始した吉田先生。同時にwacomのペンタブレット「Intuos Pro」を使用開始。以来、使い続けているのは使いやすさと補正の時間を短縮できるからだという。


筆圧感知してくれるペンはマウスより使いやすいだけでなく、補正のためのショートカットも割り当てできる。また、タブレットにもショートカットが割り当てできるから必然的に補正の効率が上がる。


補正のコツはまず主題をはっきりさせること。階調と色調を見極めて、全体的に補正してから細部に取りかかるといい。吉田先生は数分という補正の速さと補正したかわからないその自然さで知られている。

2分でできるインスタ映えする写真


まずはオリジナル画像を劣化させないようにPhotoshop CCのRAW現像ソフト「Camera Raw」で画像を開く。Jpeg画像の場合にはPhotoshop画面から「フィルター」→「Camera Rawフィルター」を開けばOK。


春の季節に咲く梅や桜などの花色を鮮やかにしていくが、その前にこの時期にありがちな空気の白っぽさを取る。Camera Rawの「かすみの除去」を開いて、スライダーを右に動かしていくと山並みや花の白っぽさが取れる。


Camera RAWの「補正ブラシ」で花の部分を選ぶ。画面上で濃くなっているのが選択された部分。ここを少しだけ鮮やかな好みの色に変える。タッチホイールなどにブラシのサイズの拡大・縮小を割り当てておけば、短時間で済ませられる。

粒状感のあるカッコいいモノクロ写真


カラーで撮影した画像をCamera Rawで開いて、「背景コピー」で複製する。それを調整レイヤーの「色相・彩度」で、彩度を0にしてモノクロにする。


Photoshop CCを開いて、[レイヤー]パネル上部の[レイヤーの描画モードを設定]をクリックし、表示されるメニューから、「ハードライト」を選択。コピーしたカラーとモノクロを統合して一つにする。


Photoshop CCの「フィルター」→「フィルターギャラリー」→「アーティスティック」の中から「粒状フィルム」を選ぶ。粒状感のあるノスタルジックな写真にし、最後に「調整レイヤー」で「白黒」を選びもモノクロにして仕上がる。

撮影先でも簡単補正で作品を仕上げる


SAMURAIの蓮見さんも自宅ではIntuos Proを使い続けてきた。さらに最近では撮影先でも作品を仕上げられるようにとIntuosを購入。Sサイズは230~250g、Mサイズでも410gとコンパクトで軽いのがいい。


撮影画像では主題となる大きな岩の周辺や手前に小さな岩が見えているのでこれらを消す。Photoshop CCの「投げ縄ツール」で消したい部分を選択。「編集」→「塗りつぶし」→「コンテンツに応じる」で消していく。


さらに主題となる岩に視線を誘導するように、空の部分と手前の部分の暗くしていく。Photoshop CCの「焼き込みツール」を選択。暗く落としたい部分をなぞっていく。これらの作業もペンタブだからこそ簡単にできる。

あっという間の欠席者も入れた記念写真


記念写真を撮影するとき、その場にいなかった参加者を入れられなくて残念ということはよくある。佐々木さんはIntuosを使うことでこれを解消できる簡単な補正を教えてくれた。上部右が完成写真。


まず、後から撮影した欠席者の姿だけを切り出す。Photoshop CCの「選択範囲」→「被写体を選択」すると、Photoshop側で大まかな選択をしてくれる。


Intuosの上部にあるエクプレスキーにoptionやshiftキーを割り当てておく。このキーを押しながら、ペンを使って細かく選択範囲の調整していけば、短時間できれいに切り抜ける。それを記念写真に貼り付ければ完成。

Feel free to contact us.

Nothing will make us happer than having visitor share our thought.

About us